20代で脳卒中を発症 リハビリを経て作業療法士に 社会復帰を遂げた“元アイドル”の軌跡|TBS NEWS DIG


概要

3大疾病の1つである「脳卒中」ですが、発症後に仕事に復帰できる人はわずか3割ほどだといいます。アイドルとして活動する20代のころに発症し、体にまひが残っているものの、社会復帰を遂げた女性を追いました。

山田阿実さん(30)。都内の介護施設でリハビリをサポートする作業療法士として働いていますが、自分も左半身まひの後遺症を抱えています。

山田阿実さん
「手首から先が障害が残っていて、ちょっとだけ握ることができる」

22歳のとき、山田さんは駆け出しのアイドルとして活動していました。

異変が起きたのは、まさにステージの上。ダンスパフォーマンス中、突然、その場で大きく転倒。立ち上がってダンスを続けますが、動きにキレは無くなり、ふらつくような様子も見られます。

山田阿実さん
「すごく大きな耳鳴りがして、それと同時にブチッという音が耳元で聞こえた。前後は曖昧で、もう本当に意識がただ目を開けてるだけみたいな。ボーっとしている感じ」

その後、緊急搬送され一命は取り留めたものの、「脳卒中」の症状だと判明しました。

リハビリに励みましたが、後遺症が残り、社会復帰は困難を極めました。作業療法士になるための学校に通おうとしても…

山田阿実さん
「受け入れ態勢を整えられないという事で、やんわり遠まわしに『来られても』ということを告げられたり、テストみたいなものを アルバイト(の採用)でもするので、それに引っかかって落ちていくことがほとんど」

厚生労働省によりますと、現在、国内で脳卒中患者は174万人いるとされています。ただ、そのうち仕事に復帰できた人は3割に届かないという調査もあります。

山田さんの場合、いまの職場で働けるようになったのは「周りのサポートが大きい」と話します。

山田阿実さん
「『身体的な介助できないよね』となったら、私の代わりに他の人が介助に就いてくれたりとか、高いところを結んだりできないので、さりげなく戻してくれたりとか」

脳卒中患者などの就労支援を行う施設の代表は…

合同会社来夢 関根周一 代表
「企業の方で脳卒中という障害を理解してもらう事が最初。そこが整わないと行政も動きづらい」

脳卒中になった人でも、働くことが出来る社会に。

山田阿実さん
「こういうハンディキャップがあるから、こういうところに配慮してくださいと。そういう窓口があったら、もっと何かいろいろスムーズにハードルがそんな高くなく、越えることもできるのかなと」

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html

#ニュース #news #TBS #newsdig


タイトルとURLをコピーしました