北日本各地で初雪 北海道で暴風も 今季1番の寒気が影響


概要

上空に今シーズン1番強い寒気が流れ込んでいる影響で、北日本の各地で初雪を観測した。

北海道では暴風をともなった雪になるおそれがあり、注意が必要。

11日の日本付近は、冬型の気圧配置となっている。

上空には今シーズンで1番強い寒気が流れ込んでいて、北海道・札幌市では、平年より10日遅い初雪を観測した。

11日午前8時ごろの旭川市は強い風をともなう吹雪となり、視界も悪くなった。
午前11時現在は6cmの積雪となっている。

北海道ではこのほかに、函館市や室蘭市などでも初雪を観測した。

12日朝までに予想される降雪量は、北海道の日本海側の北部で40cmとなっている。

一方、本州の青森市でも11日朝、初雪が観測された。

北日本では初雪ラッシュとなっていて、この雪は14日ごろまで続く見通しで、積雪や路面凍結による交通障害などに注意が必要。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/


タイトルとURLをコピーしました